兵庫県立姫路工業高等学校・演劇部

姫工演劇部/報告連絡雑談ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋公演 『ハイスクール天守物語』を上演いたします!

姫工高演劇部は、秋公演を10月3日(土)に、姫路文化センターにて行います。
本年度の、メイン作品です。
今年は世界文化遺産国宝姫路城が、平成の大修理を満了し、グランドオープンをいたしました。その記念となる作品として、姫路城にちなんだ作品を選びました。

原作は、白鷺城(姫路城)の天守に棲む魔界の姫と城に仕える人間、図書之助の恋を、怪異と耽美で描いた名作戯曲「天守物語」です。作者は、泉鏡花。
それを、しらさぎ学園高校の演劇部が、上演しようとするというシュチエーションにて翻案しました。

 『ハイスクール天守物語』

     原作:泉鏡花『天守物語』 翻案:岡本みつひろ

日時  平成27年(2015年)10月3日(土) 
     ① 11:00~12:00  ③ 14:00~15:00
     ☆開場は開演の30分前

会場  姫路市文化センター 小ホール 
     (〒670-8544 姫路市西延末426番地1 TEL:079-298-8011)

主催  兵庫県立姫路工業高等学校演劇部

後援  姫路市  姫路市教育委員会  姫路商工会議所  姫路青年会議所




【ものがたり】
世界遺産姫路城の西方にある、しらさぎ学園高校は文化至上の私立高校。全国的に名の知れた文化部がひしめく中、特に突出している演劇部。しかし5年前に理事長が替わりスポーツ屈指の学校運営に方針が転換。数年前から文化部つぶしの嵐が吹き荒れている。そんななか創部以来積年の念願演目「天守物語」に部長の富山瑞姫は部の運命をかける。そんな舞台稽古中に茶道部から無断借用していた文化財級の掛け軸を稽古中に破いてしまう。天守物語の精霊のシンボル獅子頭の眼が妖妖と光る稽古場。紛失した掛け軸を探しに来た茶道部道具係の下河。本館5階の旧講堂を占有する演劇部を追い出そうとする運動部中心の生徒会の連中。物語は、徐々に芝居の虚構と、部活の現実が入り混じっていく。

入場  無料   ※ アンケートとカンパをお願いします。


tenshu-omote.jpgtenshu-ura.jpg

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。